ホーム /  事業所紹介 /  新 築 /  リフォーム /  外壁塗装 /  シロアリ消毒 /  組合案内 /  お問合わせ

 虹管協では「雨漏りや湿気、カビから住まいを守り、 健康で快適な毎日を過ごしていただくための効果的な外壁塗装の方法」をご提案します。

 一級建築士はじめ、生協前理事長、顧問のコープ理事長、住宅相談員、および一般の主婦の方たちの意見を取り入れた外壁塗装の方法です。



       外壁塗装で健康(住まい)を守りましょう。

その為には下地材(柱や壁)の点検・補修を行い、壁材に適した塗料の選択が欠かせません。

 最近の異常気象は地球温暖化が原因でしょうか?
 夏には記録的な猛暑や台風による暴風雨、冬には記録的な大雪に見舞われるなどテレビ・ラジオでは異常気象に関するニュースが増えています。


外壁塗装で健康(住まい)を守るって、なぁ~に?(外部下地補修の大切さ)

 経年劣化(風災)その他の原因によって生じたクラックやシール目地の剥がれ(浮き)等の隙間から浸透する雨水や、 油っ気のなくなった壁面から吸収する空気中の湿気が、躯体下地や内装壁材等に水分を含むことで、住宅の寿命を縮めるほか、 ご家族の健康をも害する原因となる恐れがあるため、外部の下地補修が大切になります。

外壁塗装がもたらす主な効果
・(外部の下地補修後)外壁を塗装する事で、塗膜が下地を保護し住まいの美観を保つほか、外壁の耐久性を向上させると共に防水効果が上がり、 湿気やカビの発生など健康を害する恐れのある原因を防ぐことで、あなたの住まいとあなた自身の健康を守ることができます。
外壁塗装の塗り替えサイン
外壁の種類や環境によって塗り替えのメンテナンス時期が異なります。

・モルタル壁の場合
 8~10年

・サイディング壁の場合
 8~12年 同時に、目地部のシーリング材やサイディング表面の塗装メンテナンスを行うことをオススメします。


『塗り替えのサイン』
①チョーキング現象(手で表面を触ると白い粉が付着する)  ②ひび割れ(クラック・ヘアクラック) ③塗膜の剥がれ

④カビや藻の発生  ⑤鉄部の劣化  ⑥目地の劣化     塗り替えサインの一例です。


カビの発生を防ぐ特殊加工など、状況に応じた仕様をオススメいたします。


虹管協の事業やキャンペーン・施工事例はこちら
塗料の種類には、その他アクリル樹脂塗料、ウレタン樹脂塗料、フッ素系、遮熱系・断熱系、
防虫系・防カビ塗料など、いろいろな塗料がありますが、適切な材料の選択をするために現地調査
を行い、最適な塗料をご提案します。

アクリル塗料
・耐久年数  6~8年
・長所/短所 料金は安いですが、耐久性が低く現在はほとんど使われていません。

ウレタン塗料 2液型
・耐久年数  7~10年
・長所/短所 木部、鉄部、塩化ビニールに相性が良い。塗料の剥がれが多い家はウレタン仕上げがオススメです。
       光沢は少なめです。
・注意点   可燃性があります。

UVプロテクトクリヤー2液
・耐久年数  10~12年
・長所/短所 築10年以内のサイディング戸建にオススメです。カビや藻を寄せ付けず、汚れが雨で洗い流されます。
       汚れや傷が目立つ古い外壁では、クリアー塗料の効果を十分に発揮できない可能性があります。

シリコン塗料 2液型
・耐久年数  12~15年
・長所/短所 汚れにくく、光沢も長持ち、コストパフォーマンスが高い一番人気の塗料です。
       しかしシリコン塗料は伸びが悪く、伸縮性のある場所に塗った場合ひび割れを起こしやすくなります。

ラジカル塗料 水性1液型/ラジカル屋根塗料2液型
・耐久年数  13~15年
・長所/短所 2015年開発商品、シリコン塗料よりワンランク上の塗料です。
       防藻、防カビ性が高く清潔な外壁を保ち、健康を害する恐れのある原因を防ぎ、身体も住まいも健康を
       守れます。

フッ素塗料 2液型
・耐久年数  15~20年
・長所/短所 耐久年数が長く、とてもクオリティーが高い塗料です。但し、まだ高額な塗料です。
       外壁にはオススメしません。
       外壁面には破風・軒天・雨樋・戸袋・雨戸 等 塗装する箇所が多数あり、外壁のみフッ素塗装をしても他が
       長持ちしません。
       すべてフッ素塗装をすると、高額になってしまう塗料なので、オススメはしません。
       工事ができない高層ビルや高層マンションなどは、フッ素塗装がオススメです。

ガイナ塗料
・耐久年数  15~20年
・長所/短所 断熱と遮熱の効果を発揮する塗料です。塗料の中に配合されている中空ビーズが防音効果も発揮します。
       仕上げ感はあまりきれいではない塗装仕上げです。ツヤ消しのみ塗膜が多少厚いので、ムラになってし
       まい、濃い色はありません。

虹管協の事業やキャンペーン・施工事例はこちら

お問い合わせ~ご契約まで
フリーダイヤル0120-432-555までお電話下さい。
担当者より、お名前やご住所並びにお問い合わせ内容等お伺い致します。
尚、ご都合の良い日時をお知らせ頂き、訪問をさせて頂きます。

お電話でのお問合せ内容等をさらに詳しくお伺い致します。
担当者の面談対応もご査定下さい。

【近隣調査】
  〇お客様の住宅を調査させていただくことはもちろんですが、虹管協では独自の近隣調査も行っております。
  ①できるだけ工事の際にご迷惑をお掛けしないように、歩行者や一般車両の安全を確保する為の近隣環境(自動
   車及び通勤、通学、買い物客等の通行量等)について時間をかけて念入りに調査し、ご近所への気配りとともに
   安心安全の作業に努めます。
  ②施工にあたっては細心の注意を払い、皆様がいつもと変わらぬ日常生活を送れるよう配慮致します。
  ③詳しくはお見積り書と一緒に提示する、近隣調査報告書をご覧ください。

【建物事前調査】
  建物外部の今の状態を目視・打診・触診にて調査を行います。
  調査項目
  ①経年劣化(風化現象や異常気象の影響等)によるヘアークラックや塗膜剥がれ等を目視にて調査
  ②外壁材と躯体下地の空間を打診棒によりチェック
  ③触診によるチョーキング現象(手で表面を触ると白い粉が付着する)等の確認
  ④その他破風板・軒天・ベランダ手摺り・霧除庇・雨樋等の不具合の調査

近隣調査および建物事前調査を添付し、お見積り書の提出を致します。
①内訳明細には㎡数・数量を細かく記載しております。
②窓等の開口部を除いた実質塗装面積にて算出しております。

 ご契約の際に、ご希望の日程を伺い工程表を作成致します。